弄指癖

「弄指癖」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

弄指癖とは?

弄指癖とは、指で口の中を弄ぶ癖のことである。弄指癖の代表的なものが指しゃぶりである。



弄指癖(指しゃぶり)による影響

弄指癖による影響は以下である。
  • 開咬
  • 上顎歯列弓の狭窄
  • 前歯の前突
ただ弄指癖(指しゃぶり)は一概に悪いものではない。一定の年齢までであれば発育の過程として受け入れられることも多い。




「弄指癖」の文献・書籍など

【読み】

ろうしへき

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。