光線力学的診断法(PDD)

「光線力学的診断法(PDD)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

光線力学的診断法(PDD)とは?

光線力学的診断法とは、病巣の特定を行う診断方法の一つである。病巣に対して親和性のある蛍光試薬を選択的に蓄積させ、特定の波長の光を照射し病巣を可視化することで部位を特定することができる。光線力学的診断法は英語ではPhoto Dynamic Diagnosisと言い、「PDD」とも呼ばれることがある。

「光線力学的診断法(PDD)」の文献・書籍など

【読み】

こうせんりきがくてきしんだんほう

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。