歯周嚢胞

「歯周嚢胞」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯周嚢胞とは?

歯周嚢胞とは、歯周ポケットからの感染による、辺縁性歯周組織の嚢胞炎症に起因する歯根側面に生じた上皮性の嚢胞である。歯周嚢胞の裏装上皮は歯原性上皮(マラッセ(Malassez)上皮遺残)から発生する。
歯周嚢胞は智歯周囲炎に関連した発生が多く、下顎智歯の頬側遠心面に生じるものを特にホフラート(Hofrath)歯周嚢胞という。



歯周嚢胞の所見

歯周嚢胞は歯冠周囲炎があり、原因歯は生活歯である。歯周嚢胞の画像診断では類円型のエックス線透過像を示す。辺縁平滑で境界明瞭である。歯周嚢胞の病理組織検査では、嚢胞壁は歯根嚢胞と類似する。
 

歯周嚢胞の治療法

歯周嚢胞の治療では嚢胞摘出が選択される。歯周嚢胞の原因が第三大臼歯の場合は抜歯を行う。




「歯周嚢胞」の文献・書籍など

【読み】

ししゅうのうほう

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

口腔外科疾患の症例リスト

半埋伏の下顎左側第三大臼歯に関連した歯周嚢胞の摘出術🦷

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語