ポリサルファイドゴム印象材

「ポリサルファイドゴム印象材」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ポリサルファイドゴム印象材とは?

ポリサルファイドゴム印象材とは、精密印象に使われる材料のうちの1つである。ポリサルファイドと二酸化鉛などの酸化剤と反応して重縮合し、ゴム状を呈する。

ポリサルファイドゴム印象材の特徴

ポリサルファイドゴム印象材の特徴は以下である。
  • 流動性に優れている
  • 高度の弾性がある
  • 寸法変化が少なく、アンダーカットの再現性が高い
  • 操作性が不良
  • ゴム臭が強い

ポリサルファイドゴム印象材の組成

ポリサルファイドゴム印象材は以下から成る。
  • 基材ペースト(ベース)
    • 低重合度のポリサルファイド
    • 酸化チタン
    • 硫酸亜鉛
  • 反応剤ペースト(キャタリスト)
    • 二酸化鉛
    • ジプチルフタレート
    • イオウ
    • ステアリン酸塩




「ポリサルファイドゴム印象材」の文献・書籍など

【読み】

ぽりさるふぁいどごむいんしょうざい

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。