歯科用語集

2022年03月15日

湯だまり

「湯だまり」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

湯だまりとは?

湯だまりとは、合金が液体から固体になる際に凝固収縮することで引け巣が生じるのを防止するために、スプルー線に作る溶湯の補給源のことです。湯だまりがあることで、最終凝固は鋳造体で起こらず、引け巣は湯だまりに閉じ込めることができます。湯だまりの効果を発揮するためには、溶湯の補給経路であるスプルーが最後まで交通しなければならず、スプルー線は太く短い必要があります。
この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む