顎関節強直症

「顎関節強直症」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

顎関節強直症とは?

顎関節強直症とは、下顎頭と関節窩が骨性あるいは線維性癒着し、可動域が大きく制限された状態のこと。顎の発育中に顎関節強直症を発症すると、小下顎症(鳥貌)となる。



顎関節強直症の症状

顎関節強直症の症状は以下である。
  • 重度の開口障害
  • 発音障害
  • 摂食・嚥下障害
  • 徒手でも強制開口できない
  • 片側性の場合顎が患部側に偏位し、顔面非対称となる

顎関節強直症の画像所見

顎関節強直症の画像所見は以下である。
  • 骨性癒着の場合:CT検査で顎関節やその周りの骨肥大(不透過像)が見られる
  • 線維性癒着の場合:MRI検査で線維組織の緊密化が見られる

顎関節強直症の原因

顎関節強直症の原因は、外傷や感染症、腫瘍などにより顎関節内部やその周りの組織変化である。

顎関節強直症の治療方法

顎関節強直症の主な治療方法は以下である。
  • 顎関節授動術:顎関節周囲の癒着を剥がして可動域を広げる
  • 関節形成術:関節の形を整える
  • 術後の開口訓練:再癒着を防止するため




「顎関節強直症」の文献・書籍など

【読み】

がくかんせつきょうちょくしょう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。