Mathieu型持針器

「Mathieu型持針器」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

Mathieu型持針器

Mathieu型持針器は持針器の一種である。



Mathieu型持針器の特徴

把柄部を握り込むことによってロックを解除できるので、初心者には使いやすいが、ストッパーを外すときに先端部に揺れが生じやすいため、口腔内の細かな作業には不向きである。
ただし先瑞が太く丈夫にできているので、太い角針で硬い組織を縫合するのには適している。
矯正領域では結紮線の結紮に使われることが多い。


「Mathieu型持針器」の文献・書籍など

【読み】

ましゅーがたじしんき

【文献・書籍】

『最新 口腔外科学 第5版』, 榎本昭二ら, 医歯薬出版株式会社, 2017.
『イラストでみる口腔外科手術 第1巻』, 日本口腔外科学会, クインテッセンス出版株式会社, 2011.
『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語