徒手的整復術

「徒手的整復術」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

徒手的整復術とは?

徒手的整復術とは、顎関節脱臼に行われる治療法である。徒手的整復術は新鮮脱臼、すなわち脱臼が発生して間もないものに行われる治療法で、患者の正面に立って行われるHipocrates法と患者の背後に立って行われるBorchers法がある。徒手的整復術は英語ではclosed reductionと呼ばれる。
陳旧性脱臼には徒手的整復術ではなく、観血的整復(open reduction)が行われる。

「徒手的整復術」の文献・書籍など

【読み】

としゅてきせいふくじゅつ

【文献・書籍】

『カラーアトラス サクシンクト口腔外科学 第3版』, 内山健志ら, 株式会社学建書院, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。