骨伝導性材料(インプラント治療)

「骨伝導性材料(インプラント治療)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

骨伝導性材料(インプラント治療)とは?

インプラント治療における骨伝導性材料とは、骨伝導性がある材料のことをいう。骨伝導性とは、骨の形成が材料の表面に促される性質のことである。



インプラント治療における骨伝導性材料の特長

インプラント治療における骨伝導性材料の特長として、下記の点が挙げられる。
  • 骨伝導性材料は表面電位がマイナスであり、カルシウムイオンを惹きつけること
  • 骨伝導性に惹きつけられたカルシウムイオンを結合する能力が表面にあること
  • 骨伝導性材料に骨様アパタイトが形成されること
  • 骨伝導性材料では骨芽細胞の遊走と増殖が起こること




「骨伝導性材料(インプラント治療)」の文献・書籍など

【読み】

こつでんどうせいざいりょう(いんぷらんとちりょう)

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

インプラントの埋入の症例リスト

インプラントのことでお聞きしたいです

1次オペでインプラント体の埋入を行った後すぐに取り出しまた埋入を行うことはありますか?
また行う目的はなんですか?

1Dでこの症例を見る