トリーチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群

「トリーチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

トリーチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群とは?

トリーチャーコリンズ症候群とは、第一鰓弓由来の組織が発育以上を示す先天奇形症候群のこと。トリーチャーコリンズ症候群の発言頻度は1万人に1人である。


トリーチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群の症状

トリーチャーコリンズ症候群の主な症状は以下である。
  • 小下顎症
  • 下顎の発育不全・下顎劣成長
  • たれ目
  • 両側の関節突起(下顎頭)の形成不全
  • 口蓋裂
  • 高口蓋
  • 耳介の奇形、副耳

トリーチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群の原因

トリーチャーコリンズ症候群の原因は、常染色体の優性遺伝である。

トリーチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群の治療方法

トリーチャーコリンズ症候群の症状である関節突起(下顎頭)の形成不全には、骨移植や顎骨延長術などを行うことで改善することがある。

トリーチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群とゴールデンハー(Goldenlar)症候群の違い

いずれも関節突起(下顎頭)の形成不全を伴うものだが、トリーチャーコリンズ症候群は両側性、ゴールデンハー症候群は片側性である。





「トリーチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群」の文献・書籍など

【読み】

とりーちゃーこりんずしょうこうぐん

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語