エブネル線条

「エブネル線条」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エブネル線条とは?

エブネル線条とは、象牙質で周期的に現れる基質成長線の一つである。象牙細管の走行に対して垂直に交わり、その間隔は約4~8μmである。またエブネル線条は、1日に形成される象牙質基質量を反映している成長線であり、同じく象牙質基質成長線の一つであるアンドレ―ゼン条の間に見られる。

「エブネル線条」の文献・書籍など

【読み】

えぷねるせんじょう

【文献・書籍】

『口腔の発生と組織 改訂3版』, 田畑純, 南山堂, 2015

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「アカデミック」に関連する他の用語