緩衝腔

「緩衝腔」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

緩衝腔とは?

緩衝腔とは、リリーフを目的として義歯床粘膜面-顎堤粘膜との間につくられる空隙のことである。



緩衝腔がつくられる目的

緩衝腔が作業用模型に設けられる目的は以下である。
  • 骨隆起部・粘膜非薄部への義歯による傷害を避ける
  • 義歯の安定を保つ
  • 義歯の破折や神経・血管の圧迫傷害を防ぐ

緩衝腔の設定方法

緩衝腔は、作業用模型の所要部に適当な厚さの
  • スズ箔
  • 板板
  • 絆創膏
などを貼り付けることにより設定する。




「緩衝腔」の文献・書籍など

【読み】

かんしょうくう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語