歯科技工士法

「歯科技工士法」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

歯科技工士法とは?

歯科技工士法とは、歯科技工士の職務や資格を規定した法律である。歯科技工士法は、歯科医師法・歯科衛生士法・歯科技工士法と合わせて「歯科三法」を構成している。歯科技工士法は1955年(昭和30年)8月16日に交布され、1955年(昭和30年)10月15日に施行された。



歯科技工士法の目的:歯科技工士法第一条

歯科技工士法の目的について、歯科技工士法第一条には次のように規定されている。
この法律は、歯科技工士の資格を定めるとともに、歯科技工の業務が適正に運用されるように規律し、もつて歯科医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。



「歯科技工士法」の文献・書籍など

【読み】

しかぎこうしほう

【文献・書籍】