ドライソケット

「ドライソケット」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ドライソケットとは?

ドライソケットとは、抜歯後に血餅が見られずに歯槽骨が露出し、抜歯窩に強い疼痛を認めることをいう。ドライソケットは、下顎埋伏智歯抜歯の際に生じることが多い。
ドライソケット後に抜歯窩を洗浄・消毒し、掻爬などをすることで、再び血餅を形成させることもある。また、保護床などを用いて抜歯窩を被覆することで抜歯窩を安静にさせることで、ドライソケットを治癒させる治療方法もある。


ドライソケットの治療法

ドライソケットが生じてしまった場合、ドライソケットへの対応・治療法としては、以下のような方法が挙げられる。
  • 抜歯窩内の局所洗浄
  • ガーゼパッキング
  • 保護床やサージカルパック等による抜歯窩の被覆






「ドライソケット」の文献・書籍など

【読み】

どらいそけっと

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。