ポステリアバンド(後方肥厚部)

「ポステリアバンド(後方肥厚部)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ポステリアバンド(後方肥厚部)とは?

ポステリアバンド(後方肥厚部)とは、顎関節における関節円板後方の、厚みが大きい部分のことをいう。ポステリアバンド(後方肥厚部)には、円板を顆頭上に適切に位置づけ、円板の前方転位を防ぐとともに、骨の弱い部分への力の集中を防ぐ役割がある。

「ポステリアバンド(後方肥厚部)」の文献・書籍など

【読み】

ぽせてりあばんど(こうほうひこうぶ)

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。