正中菱形舌炎

「正中菱形舌炎」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

正中菱形舌炎とは?

正中菱形舌炎とは、舌背部正中に見られる先天性の、萎縮性粘膜異常のことである。萎縮部位の形が菱形に近いことから、正中菱形舌炎という病名がつけられた。



正中菱形舌炎の症状

正中菱形舌炎の主な症状は以下である。
  • 舌背部の前後に長い菱形の紅斑(紅斑部位=舌乳頭の萎縮部位)
  • 自覚症状はない
  • 食事時の痛みを感じることがある

正中菱形舌炎の原因

正中菱形舌炎の原因は、胎生期の舌無対結節の沈下不全によるろ考えられている。正中菱形舌炎はその他にも、カンジダ菌への感染による萎縮性カンジダ症が関与するとも考えられている。

正中菱形舌炎の治療方法

正中菱形舌炎への対応は、経過観察が主である。正中菱形舌炎の自覚症状がある場合は鎮痛薬の投与や抗真菌軟膏の塗布など対症療法が取られる。




「正中菱形舌炎」の文献・書籍など

【読み】

せいちゅうりょうけいぜつえん

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語