舌骨

「舌骨」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

舌骨とは?

舌骨とは、頭蓋を形成する骨のひとつで、顔面頭蓋を形成する。舌骨の形状はU字形をなし、中央の舌骨体と後方に大きく突出する大角と円錐状の小角に分けられる。
舌骨は他の骨と関節しない独立した骨であるが、茎突舌骨靱帯で側頭骨と連結し、甲状舌骨靭帯や甲状舌骨膜によって喉頭の甲状軟骨と結合する。
また、舌骨には舌骨筋群、舌筋群が付着しており、咀嚼運動や嚥下に際して重要な役目を担っている。
舌骨は舌根を支持している。舌骨とあるが存在するのは首の部分である。

「舌骨」の文献・書籍など

【読み】

ぜっこつ

【文献・書籍】

『口腔解剖学 第1版』, 脇田稔ら, 医歯薬出版株式会社, 2009

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

アカデミックの症例リスト

みどりの日で無料開放の上野動物園もなかなか面白かった。
舌骨が舌骨しているんだぜ?
色んな顎運動が見られたけど、まだヒトとの比較が出来る段階ではなかったのが残念。

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事