口角炎

「口角炎」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

口角炎とは?

口角炎とは、口角の炎症により亀裂やびらん、腫脹、出血、痂皮などが起こっている状態のことである。口角炎は左右両側に生じることが多く、小児と高齢者で多く発症する。



口角炎の症状

口角炎の主な症状は以下である。
  • 亀裂
  • びらん
  • 腫脹
  • 出血
  • 痂皮
  • 違和感
  • 接触痛

口角炎の原因

口角炎の主な原因は以下である。
  • 合っていない義歯の使用、あるいは義歯不使用による口角部への唾液貯留
  • 過度の乾燥
  • 口腔カンジダ症
  • 鉄欠乏性貧血

口角炎の治療方法

口角炎の治療には、ビタミンB製剤投与や鉄剤投与、抗真菌薬投与、義歯調整など原因に対する治療となる。また軟膏塗布による創部の保護も効果的である。




「口角炎」の文献・書籍など

【読み】

こうかくえん

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語