順生過剰歯

「順生過剰歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

順生過剰歯とは?

順生過剰歯とは、過剰歯のうち順生で萌出しているものである。順生とは歯が正しい方向で萌出したものであるので、順生過剰歯とは正しい方向で萌出した過剰な歯であるといえる。



特殊な順生過剰歯

順生過剰歯には特別に名前がついているものがいくつかある。
  • 左右の上顎中切歯間→正中歯
  • 上顎第二、第三大臼歯の頬側や口蓋側に萌出したもの→臼傍歯
  • 上下顎第三大臼歯の遠心に萌出したもの→臼後歯

順生過剰歯の原因

順生過剰歯は遺伝的要因、系統発生学的返り、外傷が原因とされている。




「順生過剰歯」の文献・書籍など

【読み】

じゅんせいかじょうし

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

口腔外科疾患の症例リスト

7歳の男の子の患者さんです。
上顎前歯部の異常を主訴として来院しました。
初診時の口腔内写真、エックス線写真を示します。
上顎前歯部の異常の原因は、口腔内写真でも認められる順生過剰歯と、デンタルエックス線でのみ認められる逆生埋伏過剰歯であると考えられます。
(参照:歯科医師国家試験106B-2)

1Dでこの症例を見る

順生埋伏過剰歯、逆生埋伏過剰歯

#はじめての投稿

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語