浮遊歯

「浮遊歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

浮遊歯とは?

浮遊歯とは、エックス線写真上の所見で、歯槽骨の吸収が根尖部まで達し、吸収した部分のエックス線透過像中に、エックス線不透過像である歯牙が浮いている状態のことである。いわば、黒い領域の中に白い歯が浮いている状態である。英語では浮遊歯はfloating tooth という。



浮遊歯が見られる疾患・病態

浮遊歯が見られる疾患・病態を以下に示す。
  • 歯周炎による重度の水平性骨吸収
  • 歯肉癌
  • Papillon-Lefèvre症候群




「浮遊歯」の文献・書籍など

【読み】

ふゆうし

【文献・書籍】

歯科放射線学 第6版 医歯薬出版

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

口腔外科疾患の症例リスト

完全なる抜歯適応?

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語