歯科用語集
2022年3月16日

浮遊歯

「浮遊歯」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

PICK UP

浮遊歯とは?

浮遊歯(英:floating tooth)とは、エックス線写真上の所見で、歯槽骨の吸収が根尖部まで達し、吸収した部分のエックス線透過像中に、エックス線不透過像である歯牙が浮いている状態のことを表します。黒い領域の中に白い歯が浮いている状態です。
,

浮遊歯が見られる疾患・病態

浮遊歯が見られる疾患・病態を以下に示します。
歯周炎による重度の水平性骨吸収
歯肉癌
Papillon-Lefèvre症候群




関連用語

PICK UP
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2024 1D inc.