クインケ(Quincke)浮腫

「クインケ(Quincke)浮腫」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

クインケ(Quincke)浮腫とは?

クインケ浮腫とは、別名「血管神経性浮腫」とも呼ばれ、顔面や口腔内軟組織に現れる突発性の浮腫である。クインケ浮腫は口唇や眼瞼、咽頭などの軟組織に見られることが多い。



クインケ(Quincke)浮腫の症状

クインケ浮腫の症状は以下である。
  • 局所的、突発的な浮腫性腫脹
  • 疼痛やかゆみなどはほとんどなく、違和感を感じる程度

クインケ(Quincke)浮腫の原因

クインケ浮腫の原因は、薬物などに対するⅠ型アレルギー反応であるとされている。

クインケ(Quincke)浮腫の治療方法

クインケ浮腫の症状は、数時間〜数日で自然と消退する。そのためクインケ浮腫への対応は経過観察となる。症状が数時間〜数日経っても消退しない場合は、肉芽腫性口唇炎の可能性がある。クインケ浮腫ではなく肉芽腫性口唇炎であった場合はステロイドの投与や抗アレルギー薬の投与が必要である。




「クインケ(Quincke)浮腫」の文献・書籍など

【読み】

くいんけふしゅ

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語