エプーリス

「エプーリス」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エプーリスとは?

エプーリスとは、歯肉に限局して起こる良性腫瘍である。エプーリスは20〜30代の女性に多く、上顎前歯部の唇側歯肉乳頭部に多く見られる。エプーリスは痛みがなく、緩慢に増殖する歯肉の腫瘤で、色は正常粘膜色または赤色である。



エプーリスの分類とその症状

  • 線維性エプーリス:歯肉上皮下に、豊富な線維性結合組織の増殖が見られるもの
  • 線維腫性エプーリス:線維種だったものがエプーリスになったもの。線維種と似た像を示す
  • 血管腫性エプーリス:上皮下に拡張した毛細血管の増殖が見られるもの。血管腫と似た像を示す
  • 巨細胞性エプーリス:上皮下に多数の炎症性巨細胞が見られるもの
  • 骨形成性エプーリス:線維性エプーリスの一部に骨組織の形成が見られるもの
  • 肉芽種性エプーリス:上皮下に炎症性肉芽組織の増殖が見られるもの
  • 妊娠性エプーリス:初期は肉芽種性エプーリス、後期は血管腫性エプーリスの像を示す
  • 先天性エプーリス:顆粒細胞腫に似た像を示す

エプーリスと歯肉癌の見極め方

エプーリスと似た歯肉癌は、以下のような特徴がある。
  • 易出血性の腫瘤
  • 表面の凹凸が不揃い
  • 病変部位の境界がやや不明瞭
  • しばしば歯槽骨吸収が起こる
これらが見られる場合は歯肉癌の可能性が高く、エプーリスとの見極めが可能となる。

エプーリスの原因

エプーリスの原因は以下である。
  • 慢性的な物理的刺激
  • 慢性的な炎症
  • 妊娠性エプーリスの場合は女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)
これらによる線維性結合組織あるいは肉芽組織の増殖によりエプーリスが発症する。

エプーリスの治療方法

エプーリスの治療方法は切除が主である。エプーリスが再発した場合は原因となっている歯の抜去や、歯槽骨削除を行う。なお妊娠性エプーリスは分娩後に自然消退するため、経過観察のみとなる。




「エプーリス」の文献・書籍など

【読み】

えぷーりす

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語