ウォッチワインディング

「ウォッチワインディング」とは?歯科用語を解説
2019年10月16日

ウォッチワインディングとは?

ウォッチワインディングとは、感染根管治療において、主にKファイルを用いて軽圧・正回転で歯を根管壁に食い込ませ、逆回転させた際に切削する根管拡大・根管形成の手技である。ウォッチワインディングでは小刻みな正逆回転(30〜60度)を繰り返して根管拡大・根管形成を行う。ウォッチワインディングは狭窄している根管や彎曲している根管に対して適応すると有用である。

「ウォッチワインディング」の文献・書籍など

【読み】

うぉっちわいんでぃんぐ

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.