レイヤリングテクニック

「レイヤリングテクニック」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

レイヤリングテクニックとは?

レイヤリングテクニックとは、コンポジットレジン修復において、異なるシェードのレジンを積層充填することで、天然歯に近い色調を再現することである。
レイヤリングテクニックにおいては、表層に薄いシェードのコンポジットレジンを充填し、深部には濃いシェードのコンポジットレジンを充填することで、審美性を向上させることができる。


「レイヤリングテクニック」の文献・書籍など

【読み】

れいやりんぐてくにっく

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。