慢性再発性アフタ

「慢性再発性アフタ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

慢性再発性アフタとは?

慢性再発性アフタとは、口腔粘膜にアフタ性潰瘍が繰り返し起こる状態である。慢性再発性アフタは、別名「再発性アフタ性口内炎」とも呼ばれる。慢性再発性アフタ単体で起こることもあれば、ベーチェット病や周期性好中球減少症などの症状で見られることもある。



慢性再発性アフタの症状

慢性再発性アフタの症状は、痛みのあるアフタが複数生じることが多い。アフタの数やできる部位、アフタの大きさ、治るまでの期間、再発までの期間はさまざまである。

慢性再発性アフタの原因

慢性再発性アフタの原因は好中球の機能異常(遺伝的なもの)とされているが、詳細は不明である。

慢性再発性アフタの治療方法

慢性再発性アフタの治療法は副腎皮質ステロイド軟膏の塗布や岩層、口腔内を清潔に保つなど対症療法が主である。




「慢性再発性アフタ」の文献・書籍など

【読み】

まんせいさいはつせいあふた

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

口腔外科疾患の症例リスト

つい最近参加させて頂きました。

皮膚科から扁平苔癬の疑いで紹介。
まずは口腔内清掃、痛み消失、アフタは改善して来ていましたが、皮膚科を再度受診すると、また悪化。
一体.......。
総合病院の口腔外科へ紹介しました。

これからもよろしくお願いいたします。

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語