半調節性咬合器

「半調節性咬合器」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

半調節性咬合器とは?

半調節性咬合器は、調節性咬合器のうち、矢状顆路と非作業側の側方顆路の調節機構を備え、通常、それぞれの顆路を直線的に再現する。作業側の顆路の動きは再現できない。咬合器の商品名としては、HanauH2, Whip-Mix, Dentatus咬合器などがある。クリステンセン現象を用いたチェックバイトで顆路は調節できる。

「半調節性咬合器」の文献・書籍など

【読み】

はんちょうせつせいこうごうき

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

義歯製作の症例リスト

半調節性咬合器ではベネット運動とフィッシャー角は再現できない。
なんでフィッシャー角が再現できないかっていうと、矢状カロ角を再現した状態、つまり角度を固定した状態で矢状側方カロ角は再現ができないから。
間違ってたら教えてください笑
逆にベネット角と矢状カロ角は再現可能ということも大事!

1Dでこの症例を見る

歯科衛生士8年目です。
現在 務めているクリニックは全顎的に治療する方や、咬合で悩んでいる方など多く来院されます。多数歯の補綴治療も多いのですが、フェイスボウを今まで行っていませんでした。
ドクター、技工士の方にお聞きしたいのですが
フェイスボウを使用しないと結果どういう影響がありますか?

1Dでこの症例を見る

咬合器を一般の開業医はあまり臨床で使わないって聞いたんですが、それなら総義歯はどうやって作るんでしょうか……?

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語