オーバーコレクション

「オーバーコレクション」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

オーバーコレクションとは?

オーバーコレクションとは、過度の治療ぎみに歯や顎骨を移動しておくことである。オーバーコレクションは、矯正治療後の後戻りを想定した上で行われる。後戻りの結果、安定した正常な咬合にもっていくという考えのもとオーバーコレクションが行われる。オーバーコレクションは、過蓋咬合や開咬などの症例で行われる。

「オーバーコレクション」の文献・書籍など

【読み】

おーばーこれくしょん

【文献・書籍】

・『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000
・『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語