台状根

「台状根」とは?歯科用語を解説
2019年10月16日

台状根とは?

台状根とは、歯の解剖学における異常根のひとつであり、歯根が長く癒合して切り株状となり、根尖部付近でのみ離開している状態の歯根である。台状根は上顎大臼歯に好発する。

「台状根」の文献・書籍など

【読み】

だいじょうこん

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.