ノンメタルクラスプデンチャー

「ノンメタルクラスプデンチャー」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ノンメタルクラスプデンチャーとは?

ノンメタルクラスプデンチャーとは、部分床義歯のうち、メタルクラスプが用いられる部分を義歯用樹脂を用いて製作したものをいう。
ノンメタルクラスプデンチャーはノンクラスプデンチャー、フレキシブルデンチャーとも呼ばれることがある。



ノンメタルクラスプデンチャーの利点・メリット

ノンメタルクラスプデンチャーは、メタルクラスプを使用しないため審美性が高く、また金属アレルギーの患者にも応用可能であるという利点がある。

ノンメタルクラスプデンチャーの種類

ノンメタルクラスプデンチャーには、ポリアミド系、ポリエステル系、ポリカーボネート系、アクリル系、ポリプロピレン系の義歯用樹脂が用いられている。




「ノンメタルクラスプデンチャー」の文献・書籍など

【読み】

のんくらすぷでんちゃー

【文献・書籍】

1). 『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会 編, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

義歯製作の症例リスト

父親に造ったノンクラスプデンチャーです。

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事