接着

「接着」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

接着とは?

接着とは、同種異種の物質を最大限接近させ、物理化学的な結合で接合させることである。歯科では、セメントと歯質、セメントと修復物の結合が代表的な接着の例である。
接着とは形成歯や窩洞への修復物の装着に用いられ、装着方法の一つである合着とは区別されている。

接着の特徴

接着のメリットとして、保持形態が不要であり侵襲性が低いこと、マイクロリーケージの恐れが少ないことが挙げられ、接着のデメリットとして、仕上がりがテクニックに依存しやすいこと、必要な操作が多いこと、湿度の影響を受けやすいことがある。





「接着」の文献・書籍など

【読み】

せっちゃく

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

この用語が出てくる記事