下歯槽動脈

「下歯槽動脈」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

下歯槽動脈とは?

下歯槽動脈とは、顎動脈の枝の一つである。下歯槽動脈は顎動脈から派出し下歯槽神経とともに下顎孔から下顎管に入り、はじめは下顎管中を前下走し、その後下顎骨体の下1/3部を下顎底に沿って前走し、オトガイ孔から出て、 オトガイ動脈となる。
下歯槽動脈は下顎の歯、歯肉は下歯槽動脈によって栄養されている。



下歯槽動脈の枝

下歯槽動脈は下顎孔に入る前に顎舌骨筋枝を、下顎管の走行中に歯枝、歯肉枝、歯槽枝を派出し、オトガイ孔を出る前に切歯枝を派出する。

下歯槽動脈に至るまでの動脈

総頚動脈から下歯槽動脈に至るまでの動脈は、「総頚動脈→外頚動脈→顎動脈→下歯槽動脈」である。

インプラント体埋入時の下歯槽動脈の損傷

インプラント体埋入時に下顎管を損傷すると下歯槽神経と同時に下歯槽動脈を損傷する可能性がある。下顎管を損傷しないためにもインプラント体埋入時は術前にCBCTを撮影するのが望ましいとされている。



「下歯槽動脈」の文献・書籍など

【読み】

かしそうどうみゃく

【文献・書籍】

『口腔解剖学 第1版』, 脇田稔ら, 医歯薬出版株式会社, 2009
『よくわかる口腔インプラント学 第3版第2刷』, 赤川安正ら, 医歯薬出版株式会社, 2017.