コーヌステレスコープ義歯

「コーヌステレスコープ義歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

コーヌステレスコープ義歯とは?

コーヌステレスコープ義歯とは、支台歯に設置するテーパーのついた内冠とそれに適合する形態を持った、義歯側に設置される外冠の二重構造により強力な支持・把持・維持機能が得られる支台装置である。また、リジットサポートを有する代表的な支台装置である。
維持力に関しては内冠と外冠の接触で得られる摩擦力、くさび効果、外冠の金属弾性によるが、内冠軸面のコーヌス角で調節することができる。

「コーヌステレスコープ義歯」の文献・書籍など

【読み】

こーぬすてれすこーぷぎし

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第4版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2015.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

義歯製作の症例リスト

患者さんにコーヌス義歯を使っている患者さんがいらっしゃいます。
セルフケアがうまく行ってないようで検診のたびに多量のプラークが認められます。

仮に今後コーヌスの支台歯がCになったり、壊れた場合どんな方法での治療、修理が考えられますか?

よろしくお願いいたします

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語