静脈内鎮静法

「静脈内鎮静法」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法とは、歯科治療時に経静脈的に鎮静作用のある薬物を投与することによって、患者の恐怖心や不安、嘔吐反射の軽減、過呼吸の抑制、行動調整、健忘作用を期待する周術期管理の方法である。



静脈内鎮静法で使用する薬物

静脈内鎮静法で用いられる薬物としては、プロポフォール、ベンゾジアゼピン系薬物(ミダゾラム、ジアゼパム)、デクスメデトミジンが使われる。



「静脈内鎮静法」の文献・書籍など

【読み】

じょうみゃくないちんせいほう

【文献・書籍】

『歯科麻酔学 第7版』, 金子譲ら, 医歯薬出版株式会社, 2011.