嚢胞摘出術

「嚢胞摘出術」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

嚢胞摘出術とは?

嚢胞摘出術とは、嚢胞を摘出する手術のことである。大別すると、「摘出閉鎖術(Partch II法)」と「摘出開放術(packed open法)」がある。



嚢胞摘出術のうちの摘出開放術(Partch II法)とは

嚢胞摘出術のうちの摘出開放術(Partch II法)とは、嚢胞を摘出し、創を閉鎖する方法である。摘出開放術(Partch II法)は通常、桜桃大の大きさまで適応となる。

嚢胞摘出術のうちの摘出開放術(packed open法)とは

嚢胞摘出術のうちの摘出開放術(packed open法)は、嚢胞を摘出したのち、一次閉鎖できない症例(病変が大きな症例)病変を被覆した粘膜で創面のイチ部を被覆する方法である。




「嚢胞摘出術」の文献・書籍など

【読み】

のうほうてきしゅつじゅつ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。