マウスピース

「マウスピース」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月18日

マウスピースとは?

マウスピースとは、主に歯の損傷や口腔内軟組織の損傷の防止、顎関節症に対する治療目的で歯列に装着される装置のことである。近年では歯列矯正のために歯の移動を目的としたマウスピース装置も開発され普及している。

マウスピースはマウスガードとも呼ばれる。マウスピースの着用が義務付けられているスポーツとして、アメリカンフットボールやラグビー、ボクシングや空手、ラクロスなどがある。

「マウスピース」の文献・書籍など

【読み】

まうすぴーす

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

顎関節疾患の症例リスト

【即日30分ソフトスプリント】

院内ラボにいると【即日】という指示書を貰うことが多々あります。その中でも1番多いのは『ソフトスプリント』で、厚さ1.5mmの歯ぎしり用です。
印象に石膏を流すところから30分程で製作するように…といった指示が多いですが、その『30分でどれだけ適合がよく作れるか』が課題です。
スプリントの適合としては歯頚ラインがハッキリ出ているか、ソフトスプリントの表面が艶々したままの所はないか(艶々の所は上手く吸着してない)などをチェックします。
バキュームフォームの製作で肝心なのは【模型の乾燥具合】なので、シートを軟化させつつ出来るだけギリギリまでドライヤーで乾燥させてみました。
綺麗に歯頚ラインが出て適合も確認して約25分程で患者さんにお渡し出来ました。

1Dでこの症例を見る

昨日のメイウェザーVS那須川天心、「メイウェザーがマウスピースしていないのではないか」という話題があります。
試合画像を見ると下顎と比べて上顎が不自然に大きく白いですし、透明なマウスピースをしてるのではないかと思います・・・微妙なところ。
日本人としてはマウスピースくらいはして欲しい気持ちはあります(笑)

1Dでこの症例を見る

手元フォルダにあったものをシェア。

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事