連続抜去法

「連続抜去法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

連続抜去法とは?

連続抜去法とは、乳歯の抜去に続いて永久歯を抜去するという考え方である。連続抜去法は、歯と顎骨の大きさに著しい不調和がある場合に用いられる。連続抜去法はBunonが最初に提唱し、連続抜去という言葉はKjellgrenが最初に用い、Hotzは連続抜去の術式を萌出誘導という言葉で表現した。



連続抜去法の目的

連続抜去法を行う目的は以下である。
  • その時点で認められる、永久切歯の叢生状態を緩和すること
  • 永久犬歯が、自然に正しい位置に萌出するよう誘導すること
  • 第二小臼歯が叢生状態になる・埋伏するのを予防すること
  • 永久歯列期の矯正歯科治療において、固定式装置の装着期間を短縮すること

連続抜去法のメリット

連続抜去法を行うメリットは以下である。
  • 固定式矯正装置を用いる段階における、歯の移動メカニクスを単純化することで、治療期間を短縮する
  • 混合歯列期における叢生を緩和する
  • 側方永久歯の叢生の増悪を未然に防止する
  • 包括矯正治療後の叢生の再発リスクを減少させる

連続抜去法のデメリット

連続抜去法を行うデメリットは以下である。
  • 下顎前歯の舌側傾斜が起こりやすい
  • 後方歯の近心傾斜・近心移動が起こる
  • 前歯部のオーバーバイトが深くなる
  • 治療期間が長期にわたるため、患者の同意を得ることが難しい

連続抜去法の適用条件

連続抜去法を適用するための条件は以下である。
  • 骨格性の異常がないAngle Ⅰ級不正咬合
  • 歯数や上顎切歯の歯軸傾斜が正常
  • 過蓋咬合の認められない混合歯列前期の叢生
その他、軽度のAngle Ⅱ級やAngle Ⅲ級不正咬合においても、治療計画上ディスクレパンシー解消のために適用されることがある。

連続抜去法の手順

連続抜去法の手順は以下である。
  • 第1段階:永久側切歯の萌出時に乳犬歯を抜去
  • 第2段階:第一乳臼歯を正常な脱落時期の6〜12ヶ月前(後継の小臼歯歯根が1/2〜2/3完成している時期)に抜去
  • 第3段階:永久犬歯の萌出前に第一小臼歯を抜去




「連続抜去法」の文献・書籍など

【読み】

れんぞくばっきょほう

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

マルチブラケットの症例リスト

これは使える!と思った語呂合わせ募集してます。

とりあえず私から
・連続抜歯法の抜歯の順序
「連続抜歯法はCD4陽性細胞」
(連続抜歯法はC→D→4の順番で抜歯)

・口腔の粘膜下層にある受容器
「クルマ自動車?」
(クラウゼ小体、ルフィ二小体、マイスナー小体、自由神経終末)

※歯学に関するブログをやっているのですが、めっちゃいいのは名前伏せるのでブログで紹介するかもしれません。ご了承ください。

1Dでこの症例を見る

「マルチブラケット」に関連する他の用語