直接金修復

「直接金修復」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

直接金修復とは?

直接金修復とは、純金を窩洞に直接塡塞するという保存修復方法の一つである。
直接金修復の材料として用いる純金は、金箔、粉末金、マットゴールド、スポンジゴールド、ゴールデント(粉末金を金箔で包んだもの)がある。

直接金修復の特徴

直接金修復の利点として、窩洞適合性に優れており、経年的に発生する摩耗に順応性があることである。欠点として、修復に時間がかかり患者に負担をかけてしまうことが挙げられる。


直接金修復の操作

直接金修復方法は、純金を加熱し便宜形態の起始点、もしくは点角に固着する。そして純金のかけらを追加、圧接、追打しこの操作を繰り返す。直接金修復をするうえで、最終的に窩洞全体に塡塞し終われば、下縁部をバーニッシャーで圧接し、形態修正、研磨を行う。



「直接金修復」の文献・書籍など

【読み】

ちょくせつきんしゅうふく

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。