早期接触

「早期接触」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

早期接触とは?

早期接触とは、咬頭嵌合位に至る閉口運動や偏心運動の過程で、特定の歯が早期に接触することである。早期接触は、それぞれの顎位から咬頭嵌合位に至る過程で、1歯ないし数歯にわたる早期に歯が接触している状態のことである。
早期接触により、歯や歯周組織が損傷している場合には、その咬合は外傷性咬合と言い、その結果として咬合性外傷が生じる。早期接触は英語ではpremature contactという。



早期接触の診断

早期接触は、咬合紙によって診断する。咬合紙による診査で他の部位よりも強く当たっている部位が早期接触部位である。早期接触によってフレミタスや歯の動揺が見られる場合には、暫間固定や咬合調整などの治療を行う必要がある。




「早期接触」の文献・書籍など

【読み】

そうきせっしょく

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

咬合調整の症例リスト

【治療計画(保険のみ)】
80歳男性
特記すべき既往なし(降圧薬内服のみ)
主訴:前歯が取れた。
全顎的な治療を希望。
顎関節、機能障害なし。ペリオなし。
バイラテラルマニピュレーションでの誘導で左上3番が早期接触(写真8枚目)

自分なりに治療計画を立ててみました(11枚目)。
・若干の高さを付けた根面板することあるけど、右上2番がなくなるといよいよすれ違いになるから普通の根面板にして支持だけ負担する様にした方がいい。
・今回は抜歯+増歯に留めて、もう一回ダメになったときに上顎FDを作る。
・右上は残さない。
といった意見ももらいました。
他の先生方ならどのように治療していくのでしょうか?
宜しくお願い致します。

1Dでこの症例を見る