外側バー

「外側バー」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

外側バーとは?

外側バーとは、大連結子の一種で、残存歯部の口腔前庭に設置される大連結子のことをいう。外側バーは下顎に適応される。



外側バーの種類

前歯部に用いられるものを唇側バー(labial bar) 、臼歯部に用いられるものを頬側バー(buccal bar)という。

外側バーの適応

外側バーは舌側歯槽堤に大きなアンダーカットや下顎隆起があり、通常の大連結子を設置できない場合に用いられる。下顎に適応される。

外側バーの欠点

外側バーの欠点は以下の通りである。
  • 食物残渣が停滞しやすい。
  • 頬側バーは審美性が悪い。




「外側バー」の文献・書籍など

【読み】

がいそくばー

【文献・書籍】

『歯学生のパーシャルデンチャー 第5版』, 三谷春保ら, 医歯薬出版株式会社, 2004.
『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語