顎変形症

「顎変形症」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

顎変形症とは?

顎変形症とは、上下顎の形・位置などの異常によって、顎顔面に変形または不調和を示す疾患のことである。顎変形症は、骨格に異常がある骨格性と、骨格に異常はないが歯の位置や歯軸の方向などの異常がある歯槽性に分けられる。



顎変形症の症状

顎変形症の主な症状は以下である。
  • 上顎前突:開咬、口唇閉鎖不全、口呼吸、上顎突出感
  • 下顎前突:反対咬合、交叉咬合、オトガイ部突出、三日月様顔貌
  • 上顎後退:反対咬合、皿状顔貌
 ※クルーゾン(Crouzon)症候群やアパート(Apert)症候群などに伴うことが多い
  • 下顎後退:オトガイ後退、小下顎症(鳥貌)
 ※ピエールロバン(Pierre Robin)症候群や顎関節強直症などに伴うことが多い

顎変形症の原因

顎変形症の原因は以下である。
  • 先天的なもの、遺伝的なもの
  • 顎骨に限局した発育異常
  • 日頃の癖・習慣(口呼吸、咬唇癖、舌の癖など)
  • 全身的要因(合併症、腫瘍など)

顎変形症の治療方法

顎変形症の治療には外科的矯正手術が行われる。
  • 上顎前突
    • 上顎前方歯槽部骨切り術
  • 下顎前突
    • 下顎枝矢分割術
    • 下顎枝水平骨切り術
    • 下顎枝垂直骨切り術
    • 下顎骨体部骨切り術
    • 下顎前方歯槽部骨切り術
  • 上顎後退
    • Le Fort Ⅰ型骨切り術
  • 下顎後退
    • 下顎枝矢状分割術
    • オトガイ形成術




「顎変形症」の文献・書籍など

【読み】

がくへんけいしょう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語