床矯正装置

「床矯正装置」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

床矯正装置とは?

床矯正装置とは、床部とクラスプなどから成る可撤式の矯正装置である。



床矯正装置の特徴

床矯正装置の特徴は以下である。
  • メリット
    • 印象採得するだけで床矯正装置の製作が可能となるため、1回目来院時のチェアタイムが短い
    • 正確な印象採得が行えれば、容易・比較的安価に床矯正装置を作製でき、2回目来院時に口腔内に装着できる
    • 床矯正装置は可撤式であるため、口腔内の清掃が行いやすい
  • デメリット
    • 床矯正装置は可撤式であるため、患者が装置を使用しなければ歯が移動しない
    • 患者が自分で装置の付け外しを行うため、床の破損や線の変形を起こすことがある
    • 床矯正装置により発音障害・味覚障害を起こすことがある

床矯正装置の構成

床矯正装置は以下から成る。
  • 床部
 床矯正装置の主要部分。口蓋や舌側歯槽粘膜部を覆い、クラスプ・弾線の保持を行う。また床の辺縁および口蓋部が歯・歯槽骨に矯正力を与えたり、力を分散させたりして矯正力の固定源となる。
  • クラスプ
    • 単純鉤
      • 1本のクラスプ線で歯の周りを包むように屈曲したもの
      • 形が単純なため保持力は不十分
    • Scwarzクラスプ、アロークラスプ
      • 歯間鼓形空隙に適合するようアローヘッド(矢の先端)の形に屈曲したもの
      • 保持力が優れている
      • 屈曲には特殊なプライヤーが必要
    • Adamsクラスプ
      • 臼歯頰側歯頚部の隅角部アンダーカットに適合するアローヘッド部、歯から離れたブリッジ部の2つから成るもの
      • 保持力が優れている
      • 歯の清掃も行いやすい
      • 屈曲には技術が必要
    • ボールクラスプ
      • 直径0.7mmの矯正線の先端に、丸いろうをつけたもの
      • ろうの部分が歯間鼓形空隙に適合し、床を保持する
      • 保持力はそれほど強くない
  • 矯正力を発揮する部分
    • 唇側線
      • 舌側弧線装置の補助弾線とよく似たデザインで用いられる
      • 床矯正装置では弾線のために利用できるスペースが少ないため、ループ状にしたりコイル状にしたりして用いることが多い
    • スクリュー
      • 主に歯列弓の拡大に用いる
      • 少数歯の移動にも用いることができる

床矯正装置の作用

床矯正装置では、以下のような床部に当たっている粘膜部が固定源となる。
  • クラスプのかかっている歯
  • 口蓋
  • 下顎歯槽部
これらに加えて、スプリング・スクリューなどを用いて歯に矯正力を加え、歯の移動を行う。

床矯正装置の適応・目的

床矯正装置の適応・目的は以下である。
  • 個々の歯(少数歯)の移動
    • 切歯の唇側移動
    • 切歯の舌側移動
    • 前歯・側方歯の近遠心移動
    • 大臼歯の遠心移動
  • 歯列弓拡大
  • 咬合挙上
  • 口腔習癖の改善
 前歯部舌側に付与したクリブによって、舌が前突するのを防止する
  • 保定

床矯正装置の使用方法

床矯正装置は、原則歯磨き時以外は装着する。床矯正装置は弾線・スクリューなどの定期的な調整が必要である。

床矯正装置の注意点

床矯正装置の注意点は以下である。
  • 歯磨き時や床矯正装置の清掃時以外は常時装着させる
  • 床矯正装置を使用するときは、口腔内に挿入し、口蓋の床部分を静かに押して、所定の位置に収まるようにする
  • 床矯正装置の撤去時には、クラスプをゆっくり引っ張って外す
  • 床矯正装置の弾線・スクリューなどを触って変形・破損させないようにする
  • 床矯正装置の適合が不良であったり、破損・紛失した場合はすぐに連絡させる


「床矯正装置」の文献・書籍など

【読み】

しょうきょうせいそうち

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

マルチブラケットの症例リスト

小児の床矯正に関してなのですが
プレオルソ、マイオブレース、 パナシールド、T4Kなど様々ありますがどういった違いなどがあるのでしょうか??

ご教授頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

1Dでこの症例を見る

「マルチブラケット」に関連する他の用語