アクセスホール

「アクセスホール」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

アクセスホールとは?

アクセスホールとは、インプラントやアバットメントに上部構造(クラウンなど)をスクリューで固定する場合、スクリューを挿入するために上部構造に形成する穴のことである。



アクセスホールの必要性

スクリューを使用してインプラントを上部構造を固定する場合は、アクセスホールの形成が不可欠である。アクセスホールからスクリューを操作することで、上部構造の着脱が可能となる。アクセスホールがあることにより、上部構造の変更やメンテナンス時の清掃などが容易になる。

アクセスホールを形成すべき場所

アクセスホールを形成すべき場所は以下である。
  • 前歯部インプラントの場合:見た目を考慮し、舌側面にアクセスホールを作る。
  • 臼歯部インプラントの場合:力学的観点から、咬合面の中心にアクセスホールを作る。

アクセスホールを形成することによる弊害

インプラントの埋入位置によっては、アクセスホールを唇頰側に形成しなくてはいけないこともあり、見た目や機能面で劣ることがある。またアクセスホールを咬合面に形成した場合、咬合面の30〜40%を占めるため、理想的な咬合接触点を作れなかったり、感染源になったりする可能性がある。




「アクセスホール」の文献・書籍など

【読み】

あくせすほーる

【文献・書籍】

『歯学生の口腔インプラント学 第1版』, 高森等ら, 医歯薬出版株式会社, 2014.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

インプラントの補綴・管理の症例リスト

【インプラントのトラブルシューティング】
1枚目:最初のセット後確認のデンタル、この時点では問題ないと思ってしまった。
2枚目:2度目のセット後確認のデンタル
3枚目:術前パントモ
お恥ずかしい話ですが、先日上部構造セットの際にデンタルで適合確認したつもりでアクセスホールを埋めて咬合調整している段階でちゃんと締結されてないことに気付いた、ということがありました。
勤務先にはテフロンテープがなく綿球で埋めていたのですが、ホールが深くて何種類かのHファイルで除去を試みたのですがなかなかうまくいかず患者さんには大変な思いをさせてしまいました。

後で考えると様々なアクシデント要因があり、そのためにすべきだったことをまとめてみました。
①インプラント体の部分のみを見て適合問題なしと判断してしまった。
→コンタクトを見ていればよかった。
②綿球で穴を埋めてしまった。
→テフロンテープにすべき。綿球はゲーツドリルやピーソーリーマーを手で使うと取り出しやすいとのこと。
③下顎7番だから短いドライバーだと決め付けていた。
→BLTを選択したせいでホールが長くなってしまい、長いドライバーじゃないと最後まで締結できなかった。

このほかにも諸先輩方におかれましては様々な困難を経験し、乗り越えていらっしゃると思います。
今後その他にどんなアクシデントがよく起こるのか、その解決法をご教授していただけると幸甚です。
宜しくお願い致します。

1Dでこの症例を見る