ネグレクト(育児放棄)

「ネグレクト(育児放棄)」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

ネグレクト(育児放棄)とは?

ネグレクトとは、児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、または長時間の放置その他の保渡者としての監護を著しく怠ることである。



ネグレクティドカリエス:ネグレクトとう蝕

口腔内が非常に不潔になり発生する重篤なう蝕として「ネグレクティドカリエス」がある。
う蝕が進むとう蝕による疼痛や機能不全があるにもかかわらず、歯科治療の形跡がないこともあるので、児童虐待の傾向でもある。

ネグレクトと児童虐待の防止等に関する法律 

児童虐待の防止等に関する法律 (一般的に児童虐待防止法と呼ばれる)が2002年に制定され、本法で児童虐待を、保護者による18歳未満の小児への①身体的虐待、②性的虐待、③ネグレクト、④心理的虐待の4種類と定義した。



「ネグレクト(育児放棄)」の文献・書籍など

【読み】

ねぐれくと(いくじほうき)

【文献・書籍】