唾液瘻

「唾液瘻」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

唾液瘻とは?

唾液瘻とは、唾液腺開口部以外の部位から唾液が漏出するものである。唾液瘻のうち、口腔外に瘻孔があるものを「ロ外瘻(外唾液瘻)」、口腔内に瘻孔があるものを「口内艇(内唾液瘻)」という。



唾液瘻の原因

唾液瘻は耳下腺が原因となることが多く、頬部の外傷や耳下腺あるいはその周囲の手術によって腺体や導管が損低して生じる後天性のものが、唾液瘻のほとんどを占めている。

唾液瘻の処置法

唾液瘻のうち口内瘻は処置を施す必要がないが、唾液瘻の口外瘻は審美障害や皮膚炎などの弊害をきたすため、導管開口部を口腔内に移動・形成する。この唾液瘻に対する処置・治療法をsialodochoplastyという。
これが困難な場合は、唾液腺を圧迫し腺体の萎縮をはかる。 このとき腺管を結紮してもよい。




「唾液瘻」の文献・書籍など

【読み】

だえきろう

【文献・書籍】

『カラーアトラス サクシンクト口腔外科学 第3版』, 内山健志ら, 株式会社学建書院, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語