接着ブリッジ

「接着ブリッジ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

接着ブリッジとは?

接着ブリッジとは、1歯あるいは2歯の欠損症例において、支台歯の歯質削除を少なくして製作した金属のフレームワークを、接着性レジンを用いて合着するブリッジのことである。
接着ブリッジの形成面はエナメル質内でとどめる。支台歯となる歯の一方がインレーやクラウンの場合には、コンビネーションタイプの接着ブリッジと呼ぶ。
接着ブリッジについて、日本補綴歯科学会は『接着ブリッジのガイドライン』で次のように定義している。

接着ブリッジとは、従来型ブリッジと同様に支台装置、ポンティック、連結部より構成されるが、支台歯のうち少なくとも 1 歯の切削を原則的にエナメル質にとどめ、接着性レジンを用いて支台歯に支台装置を接着するブリッジのことをいう。1歯または2歯程度の少数歯欠損に対して用いられる。




接着ブリッジの利点・メリット

接着ブリッジを従来型のブリッジを比較した際の利点・メリットについて解説する。
従来型のブリッジは、支台歯とクラウンの内面との機械的嵌合により維持されているため、歯質削除量が多いという課題があった。その従来型のブリッジに対して、接着ブリッジには以下のような利点・メリットがある。

  • 歯質削除量を少なく抑えることができるため健全歯質を保存できる
  • 形成面がエナメル質内に限局しているため二次う蝕が生じにくい
  • フィニッシュラインが歯肉縁下に入らないため歯肉圧排が必要ない
  • マージンが歯肉縁から離れているため歯周組織に及ぼす影響が少ない
  • 支台歯形成が無麻酔下で可能なため患者の負担を軽減できる
  • 治療回数が3~4回程度で済ますことができる

接着ブリッジには上記で上げたような利点・メリットがあるが、一方で接着ブリッジは脱離がしやすいことや、従来型のブリッジと比べ審美性に劣ることなどが、接着ブリッジの欠点・デメリットとして挙げられる。

接着ブリッジの適応症

接着ブリッジの適応症について解説する。接着ブリッジの適応症は、日本補綴歯科学会による『接着ブリッジのガイドライン』によれば、以下の通りである。

「接着ブリッジの適応症としては、原則的に1歯ないし2歯までの少数歯欠損である。支台歯はエナメル質が十分に残存した生活歯であることが望ましい」

逆に、接着ブリッジの禁忌症となるのは、3歯以上の欠損症例や支台歯が重度の歯周病に罹患している症例、ブラキシズムなどにより過度の咬合力がある症例などである。





「接着ブリッジ」の文献・書籍など

【読み】

せっちゃくぶりっじ

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

クラウン・ブリッジの症例リスト

Dr. Minesh Patelによる、口腔内の歯列と美しく調和した接着ブリッジの症例をシェアします。

© 2019 Justin Glaister

1Dでこの症例を見る

カンチレバー型の接着ブリッジについて
口腔内の状態にもよると思うのですが上顎の5番欠損で、6番シングルリテーナー型のジルコニア接着ブリッジは基本的に有りでしょうか。それとも4番シングルリテーナーの方が良いのでしょうか。
また6番シングルリテーナーの場合ですと、どのようなプレパレーション形態が理想的なのか教えて頂けると幸いです。
さまざまな論文を見てみたのですが、臼歯の接着ブリッジにおけるプレパレーションはあまりなかったため質問してみました。よろしくお願いいたします。

1Dでこの症例を見る