MTAセメント

「MTAセメント」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

MTAセメントとは?

MTAセメントとは、mineral trioxide aggregate(MTA)を使ったセメントのことである。MTAセメントは逆根管充填法や直接覆髄法、生活断髄法などに用いられるセメントである。



MTAセメントの適応

MTAセメントは以下の術式に用いられている。
  • 直接覆髄
  • 生活歯髄切断法
  • 逆根管充填
  • 根尖閉鎖療法(アペキシフィケーション)
  • 穿孔(パーフォレーション)の処置

MTAセメントを使った根尖閉鎖療法の利点

従来から応用されてきた水酸化カルシウムによるアペキシフィケーションと比較して、MTAセメントには以下の利点がある。
  • 治療回数を減らすことができる(水酸化カルシウム製剤では数回の薬剤交換を必要とするが、MTAセメントでは一回で治療が終わらせることができる。これを「one-step apexification:ワンステップアペキシフィケーション」という)
  • 患歯の修復が早い段階で可能になること
  • 長期間の水酸化カルシウム製材の調薬により生じる歯の脆弱化を防止できる



「MTAセメント」の文献・書籍など

【読み】

えむてぃーえーせめんと

【文献・書籍】