共通帯法

「共通帯法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

共通帯法とは?

共通帯法とは、以下のような考え方のもと上下顎臼歯部人工歯を排列する方法である。
  • 上顎臼歯部人工歯の、頰側における排列位置の限界は頰側床縁である
  • 両側の床縁を結ぶ線分の、頰側寄り1/4の各々の部分を上顎の排列許容域とする
  • 下顎は頰側床縁〜舌側床縁までを排列許容域とする
  • 上下顎の許容域の重なるところを、排列のための共通帯とする。この共通帯域に上下顎臼歯部人工歯を排列する

共通帯法では、歯槽頂間線法則で排列する場合より、排列位置は多少頰側に排列される。これにより、共通帯法では発語などの機能運動にとって比較的有利となる。

「共通帯法」の文献・書籍など

【読み】

きょうつうたいほう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語