6自由度測定

「6自由度測定」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

6自由度測定とは?

6自由度測定とは、下顎運動の測定法の1つである。顎機能障害を含む顎口腔系の機能検査を行うとき、切歯点のみの運動では下顎頭に関する情報が得られない。そのため6自由度測定が必要とされるようになった。

6自由度測定にはいくつかの測定原理・方法がある。
  • MM-J1
  • TRIMET
  • ナソヘキサグラフ

下顎運動測定の目的に合った術式を選び、測定装置の特徴を活かした使い方をすべきである。

「6自由度測定」の文献・書籍など

【読み】

ろくじゆうどそくてい

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語