歯の発生

「歯の発生」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯の発生とは?

歯の発生とは、発生第6週より始まる完成歯が形成されるまでの過程のことである。歯の発生は、上顎と下顎それぞれにできる唇溝堤(後の口腔前庭)と歯堤(後の歯列)という2つの溝のうち、歯堤が陥入して先端が膨らんでできる歯胚を原基として始まる。歯胚は、歯冠形成期(開始期→蕾状期→帽状期→鐘状期初期→鐘状期後期)と歯根形成期(歯根形成開始期→歯根伸長期→萌出期→咬合開始期→機能期)を経て完成歯になる。

「歯の発生」の文献・書籍など

【読み】

はのはっせい

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「アカデミック」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事