歯牙腫

「歯牙腫」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月18日

歯牙腫とは?

歯牙腫とは、エナメル質、象牙質、セメント室、歯髄といった、歯胚や歯牙の組織からなる過誤腫である。



歯牙腫の分類:集合性歯牙腫と複雑性歯牙腫

歯牙腫のうち、病理組織学的に歯の形態がみられるものを集合性歯牙腫、歯の形態が見られないものを複雑性歯牙腫という。
集合性は上顎前歯部、複雑性は下顎臼歯部に好発する。なお、歯牙腫は若年者に好発する。

歯牙腫の画像所見

歯牙腫は画像所見では不透過像が見られるが、複雑型では不透過像はエナメル質、象牙質が不規則に形成されるために不透過性の異なる部分が混在するのが特徴である。

歯牙腫の治療法

歯牙腫の治療法は摘出術が適応となる。







「歯牙腫」の文献・書籍など

【読み】

しがしゅ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

口腔外科疾患の症例リスト

集合型歯牙腫の症例をシェアします。
上顎右側犬歯〜小臼歯の萌出遅延を予防するためにも、晩期残存した乳歯や歯牙様構造物の外科的摘出を行いました。
術後は矯正治療も検討しています。

1Dでこの症例を見る
55歳男性の歯原性角化嚢胞の症例

55 歳の男性患者さんの症例です。下顎左側臼歯部の腫脹を主訴として来院しました。同部位の腫脹は5年くらい前に気付いていたそうですが、放置していたとのことです。角化嚢胞性歯原性腫瘍の疑いがあると判断し、生検と開窓を行うこととしました。

1枚目の画像は初診時の口腔内写真、2枚目は初診時のパノラマエックス線写真、3枚目は生検時のH.E.染色病理組織像です。パノラマエックス線画像上で左側臼歯部の顎骨に類円形の透過像を認め、生検時のH.E.染色病理組織像でも錯角化した重層扁平上皮と線維性結合組織を認めることから、角化嚢胞性歯原性腫瘍と診断しました。

角化嚢胞性歯原性腫瘍は、歯原性良性腫瘍のなかでエナメル上皮腫や歯牙腫などと並び発症頻度の多い腫瘍であるため、症状やパノラマエックス線画像上の所見など、覚えておいて損はありません。

出典:第110回歯科医師国家試験,B問題-6.

1Dでこの症例を見る

下顎骨に生じたエナメル上皮線維歯牙腫(Ameloblastic fibro-odontoma; AFO)の一例です。
エナメル上皮線維歯牙腫は、とても稀な歯原性腫瘍です。エナメル器や歯堤に類似した歯原性上皮と、歯乳頭に類似した歯原性外胚葉性間葉からなるエナメル上皮線維腫に、エナメル質や象牙質などの歯牙様の硬組織形成を伴うことが特徴です。
若年者の下顎骨臼歯部に好発し、第一大臼歯・第二大臼歯の埋伏と関連することが多いとされています。
腫瘍は通常無症候性であり、エックス線画像により発見されます。

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語